消火設備

屋内消火栓(おくないしょうかせん)

1号と2号の規格があり、以下のように区分される。
1号は、筒先(ノズル)で毎分130リットル、0.17MPaの放水性能を有する物で、半径25メートルの円で防火対象物をカバーしなければならない。その為、殆どの物は口径40mm、15mのホース2本で構成されている。ノズルの口径は13mm(1/2in)である。
2号は、筒先で毎分60リットル、0.25MPaの放水性能を有する物で、半径15mの円で防火対象物をカバーしなければならない。また、ホースは保形ホースといわれる水道ホースの様なもので、口径25mmの物が用いられ、消火栓を開く等の動作で自動的にポンプが起動する方式の物である。特に病院等の就寝施設で、一人でも有効に消火活動が行える様に考えられたのがこの消火栓である。 但し、放水性能が落ちる為に2号消火栓は倉庫等には設置できない。

屋内消火栓 最近では1号の放水性能をそのままに、2号と同じ操作で使用できる易操作性1号消火栓も製品化されている。


屋外消火栓(おくがいしょうかせん)

屋外消火栓は、毎分350リットル、0.25Mpaの放水性能を持つ物である。屋内消火栓と違い、消火栓から離れた位置にホース格納箱が設けられホースや筒先が別に設置されている場合がある、また、屋内消火栓同様、何時でもホースをバルブに取り付けた状態のものもある。

屋外消火栓 取り扱いは屋内消火栓より習熟が必要である。ホースや筒先の規格は消防隊が使用する物とかなり似ている。ノズルの口径は19mm(3/4in)である。


消防用スプリンクラー

消防用のスプリンクラーは、消防用設備の一つであり、火災時に大量の散水で消火を図る設備である。一部を除き自動的に作動し、信頼性は極めて高い。
設備のコストは最も高いが、現在の所建物の火災時の安全を図るには事実上最高の設備である。

水噴霧消火設備(みずふんむしょうかせつび)

機構はスプリンクラーとほぼ同じであるが、こちらは放射水圧を高め、ヘッドも専用のものを使用して水を霧状に放射するものである。

水噴霧消火設備 スプリンクラーと違い、電気室内でも使用できる。また放射された水が火災の熱で瞬時に水蒸気となるため窒息効果もあり、駐車場などで用いられることもある。特にアルコールなど水溶性の可燃性液体には高い消火能力を発揮する。(写真は、ウォーターミストの実験例)

泡消火設備(あわしょうかせつび)

泡を使用するとこにより、水よりも消火能力が高くなり特に油火災に威力を発揮するため、駐車場などに使用されることが多い。ただし、水を含んだ泡を用いるため充電部やコンピューターなどがある部屋での使用には向かない。

粉末消火設備(ふんまつしょうかせつび)

適応はガス系消火設備や泡消火設備と酷似しているが、凍結の恐れがある場所等では良く用いられる。特に移動式については、設置の容易性と経済性から、駐車場に使用されることが多い。なお移動式とは、ホースを持って移動するという意味合いである。

不活性ガス消火設備(ふかっせいがすしょうかせつび)

電算室、変電室、駐車場等に用いられる特殊な設備である。二酸化炭素・ハロン・FM200等の代替ハロン・窒素・イナートガスを使用したものがある。ハロンは1301が良く用いられていたが、オゾン層を破壊するので現在は製造されない。なおハロンバンクと総務庁消防庁はクリティカルユース(必要不可欠用途)としてリサイクルハロンの使用を積極的に推進している。
二酸化炭素消火設備では汚損の危険は無いが、放射時、区域内では人間は生存できない、アナウンスがあれば直ちに避難する事が緊要である。ハロン規制により危険の少ない窒素等の消火設備が多くなってきたが、容器のスペースの関係上、二酸化炭素が使用される場合も多い。代替ハロンにあっても安定であるが故に地球温暖化物質とされ先行きは不透明である。
窒素ガス消火設備は、汚損の可能性もなく、放射時に区域内に人がいても健康な成人であればまず無害である。

パッケージ型消火設備

粉末・強化液・泡などの消火薬剤を自動または手動で放出する設備。消火器とほぼ同等のものを数台連結して使用することにより、有効な消火能力を発揮する。必要な性能に合わせてパッケージにするために、この名があるがメーカーや用途によりはさまざまなバリエーションがある。移動式消火設備とは別のものである。一般的に強化液を使用したものは屋内消火栓設備の代替設備としても認可されている。自動式は主に、厨房などの油を扱う施設に設置され、火を扱う機器の上部とダクト部分に薬剤の放出口が設置される。厨房に設置されるものについては特にダクト消火設備とも言う。スプリンクラーやその他の設備はダクト内部を有効に消火できないため、併設の場合であっても減免されないのが通常である。

動力消防ポンプ設備(どうりょくしょうぼうぽんぷせつび)

「ポンプ、内燃機関、車台(軽可搬消防ポンプを除く)、その他必要な機械器具から構成される消防の用に供するポンプ設備」とされています。
軽可搬消防ポンプとは、乾燥重量100kg以下の軽い可搬消防ポンプを指し、動力消防ポンプとしては主に、軽可搬消防ポンプが用いられます。

動力消防ポンプ設備 ※可搬消防ポンプとは、人力により搬送・牽引される車両もしくは自動車の車台に取り外しが出来るように取り付けられて搬送される消防ポンプで乾燥重量が 150kg以下のものをいいます。建物の1~2階部分に屋内消火栓設備の代替として屋外消火栓設備または動力ポンプ設備とすることができます。

消防用設備(しょうぼうようせつび)

消防用設備(しょうぼうようせつび)とは、消防法及び関係政令で規定する「消防の用に供する設備、消防用水及び消火活動上必要な施設」の総称である。

消火活動上必要な設備

消火活動上必要な設備とは、消防隊の消火活動が効率的に行われる様に義務付けられている設備である。
消防用水、 連結送水管、 連結散水設備、非常用エレベーター、非常用コンセント、排煙設備などがある。

消火設備に関する記事を追加して下さい。




新しいカテゴリを追加


新しいカテゴリを作成し、記事を追加する。

  • 最終更新:2009-07-06 19:18:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード