流量計

しぼり流量計(ベンチュリ計)

配管の途中にしぼりを設けて通過流量によってしぼりの前後の圧力差が変わるのを利用する。

しぼり流量計 写真は、タップレスベンチュリ流量計。圧力取り出し口をもたないベンチュリ流量計です。差圧検出に導圧管を用いずリモートシール形差圧発信器を使用。スラリ、浮遊物を含む流体、腐食性流体の流量を圧力損失が少なく測定できます。また、温度が低下すると固化する液体・気体、逆に温度があがると気化してしまう液体などの流量測定も可能。

差圧式流量計(オリフィス流量計)


差圧式流量計 配管の途中にオリフィスプレート(中央に穴の開いた板)を設けて、プレートの前後の圧力差を利用する。(写真は、コストパフォーマンスにすぐれた電子式小型流量計)

フロート型流量計

フロート型流量計は、上端が下端より拡がった円錐状の筒(テーパー管)の中に、浮子(フロート)も入れたもので、流量の大小によりフロートが上下し、その釣り合う位置を読み取り、流量を求めるものです。

フロート型流量計 流量計測だけでなく流量制御を行うことが出来るバルブ付流量計、負荷圧変動型フローコントローラ付流量計、供給圧変動型フローコントローラ付流量計、警報スイッチ付流量計などもある。面積式流量計とも言われる。

層流型流量計

細管に流量を通過させて、流体の粘性による圧力降下によって流量を測定する。

層流型流量計 層流型気体流量計(ラミナーフローメーター)は円筒内、又は、二平面間などを流体が層流で流れる時、一定の距離を流れる間の圧力降下が体積流量に比例するhagen-poiseuille(ハーゲン・ポアゾイユの法則)という現象を利用した高精度の差圧式流量計です。

熱線式流量計

管路に電熱線を置いて、流体によって奪われる熱量が流量に比例することを利用する。管内に設けられた、熱線(ヒータ部)と温度センサにより流速測定を行う方式である。

熱線式流量計 従来は整流機構が必要なため、直管部は長いとされてきたが金網やハニカムと呼ばれる整流機構内蔵形も開発され、直管部が不要なものも登場している。比較的高流速域の計測が得意であり、圧縮空気や窒素など配管口径に対し流速が高いガスの測定に数多く使用されている。

カルマン渦流量計

障害物の後方に生じるカルマン渦の発生周期が、流量によって変わることを利用する。

カルマン渦流量計 流れの中に柱状物体(渦発生体)を挿入すると、その後方には規則的なカルマン渦列が発生します。渦流量計はこのカルマン渦の原理を応用したもので、渦の発生によって生ずる圧力の変化を応力の変化として検出します。

タービン流量計

流れによって回転する翼車を利用する。

タービン流量計 (写真は、スイスフロー流量計)新素材ベクトラで出来たわずか0.04gの回転羽が液中に浮かんで、ほとんど摩擦抵抗なしに回転します。回転速度は赤外線で監視され流速として出力されます。竪、横、ななめなどあらゆる方向に取り付けられます。水、ビール、ソフトドリンク、石油、化学薬品など透明な流体に適します。

超音波流量計

管路外から非接触で測定でき超音波伝播時間やドップラー効果を利用する。

超音波流量計 写真は、デジタル相関受信法により、気泡や配管内面腐食などの影響が受けにくい伝搬時間差方式の超音波流量計です。配管の外側にセンサーを取り付ける方式(クランプオン方式)のため、配管工事が不要で圧力損失もありません。

電磁流量計

電磁誘導を利用するため電気伝導性液体に限られるが、管路外から非接触でき精度が高いため工業的に良く利用される。

電磁流量計 写真は、愛知時計電機の電磁流量計 RCV 計測の原点である 「流体の流れを読む」 ことを、使う人の立場に立って追求したシンプル、コンパクトな電磁流量計です。空調ポンプ制御用に最適です。

羽根車式流量計

流れの中に羽根車を取り付け、羽根車の回転の速さで流量を測定する。水道メータなどによく用いられる。タービン型流量計と比べると精度は落ちる。長所は小型であり、口径が小さくても多くの水を流すことが可能、取付が容易なこと。短所は測定できるのは液体のみ、軸受の摩耗、粘性の高い物質の流量を測定するには不適切。

羽根車式流量計 写真は、愛知時計電機のオールプラスチックメーター ECX 各種液体の品質を損なうことなく計量できる管理用メーターです。




  • 最終更新:2009-08-27 21:39:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード