排水設備

排水設備(はいすいせつび)

排水設備とは、雨水・湧水・空調ドレンなどの発生水、衛生器具などで使用され汚染された水を敷地外に排出するための設備である。速やかかつ衛生的に排出するため適切な排水配管とともに、排水トラップ・通気設備などの付属設備が設けられる。

排水の種類

建築設備の実務の上では、排水の種類は次のように区分されている。
  • 汚水 : 便器・汚物流し・ビデなどに類する衛生器具から排出されるもので、屎尿を含む排水である。
  • 厨房排水 : 大規模な厨房設備の場合多くの有機物質を含むため、下水道への排出基準を満たすために前処理が必要となる。
  • 雑排水 : 風呂・洗面台・洗濯機など比較的汚染物濃度の低い排水である。小規模厨房の排水を含める場合が多い。
  • 特殊排水 : 工場・病院・研究所などから排出される排水のうち、一般の下水処理場で処理できない物質を含むものであり、処理を行った後排出する。
  • 感染性排水 : 滅菌などで感染力をなくす。
  • 有害物質含有排水 : 有害物質を取り除く。
  • 放射性排水 : 放射能が減衰するまで貯留する。
  • 雨水 : 降雨や湧水によるものであり、汚染度が低いため直接の排出が可能である。また、雨水浸透槽による地下水の涵養、中水道の原水としての利用、洪水防止のための一次貯留が行われる場合もある。

なお、下水道法では、雨水・汚水・特殊排水に区分されている。


排水方式

敷地内の排水方式について記述する。
  • 汚水・雑排水・雨水分流式
  • 汚水・雑排水合流、雨水分流式
  • 汚水・雑排水・雨水合流式
※放流区域により適応する方式とする。合流式の場合は本管の口径が太く、処理施設の処理能力も増大する為、近年では分流式とする区域が多い。また、環境への配慮から雨水を浸透桝などで、地球に返すような方法を取っている区域もある。

排水管の系統

1.器具排水管 : 衛生器具に取り付けるもの
2.排水横枝管 : 器具排水管と排水横主管または排水縦管とを接続するもの
3.排水横主管 : 排水横枝管と排水縦管とをまたは排水縦管と敷地排水管とを接続する横引き配管
4.排水縦管 : 排水管を建築物の階をまたいで接続する縦配管
5.敷地排水管 : 建築物の外壁面1mの地点から始まり、下水道本管または浄化槽などの処理施設への接続のための配管

排水トラップ

排水トラップ 排水設備の配管の途中に設けられ下水道の悪臭やガスが屋内へ侵入するのを防ぐ器具や装置、または構造を指す。害虫やネズミなどを進入させない文字通りの(trap、罠)の働きもする。
排水管にはほぼ必須のものではあるが、反面ゴミが溜まりやすくパイプ詰まりの原因になりやすい。そういうことから、清掃や点検のために開けられる構造になっていることが多い。流し台・洗髪台・雨水配管など固体分の多い場合、ガソリンスタンドなど危険物が流れ出す恐れのある場合、土砂・生ゴミ・グリス・可燃性液体などを溜めるための阻集器を持つものもある。

排水トラップの破封(はふう)

破封とは、トラップ内の水が減少しトラップとしての機能を失う現象である。
自己サイフォン現象吸出し作用はね出し作用毛管現象蒸発の5つの原因によって引き起こされる。

二重トラップの禁止

二重トラップ(ダブルトラップ)とは、1個の器具の配管に直列に2個以上のトラップを接続することである。排水の流れの抵抗が増大し排水不良の原因となるため禁止されている。施工ミスが多く、トラップ付き桝(トラップ桝)を設置しているにもかかわらず、途中でトラップをつけてしまう。その場合は途中のトラップを取除き、パイプでつなげて改善する。

間接排水(かんせつはいすい)

間接排水とは、排水配管を一旦大気中に開放し、その後一般排水配管に接続するものである。直結すると衛生上問題がある次のような機器の排水に用いられる。
  • 冷蔵庫・洗濯機・食器洗浄機・水飲み器・冷水器などに類する機器
  • 滅菌器・消毒器などに類する機器
  • 空気調和設備・給水ポンプなどに類する機器
  • 給水タンクなどの水抜き配管・オーバーフロー配管
なお、原則として器具・機器近傍に必要な開口空間を取って排水する。近傍に空間が取れない場合は、配管で導いた後開口空間を取っても良い。

排水会所(はいすいかいしょ)

排水会所とは、汚水や廃水を流す排水管(下水管)にゴミや汚泥が流れ込み詰まった場合など、掘り起こして工事をするなど手間が掛かるため、それを防ぐ目的で排水管の曲点や合流部などの詰まり易い箇所に蓋付の桝を埋設し、ゴミや汚泥などは桝に溜まって水だけが配水管を流れるようにした構造物。排水マス、排水桝(はいすいます)とも呼ばれ、会所と略されることも多い。蓋を開けることで溜まったゴミや汚泥を取り除くことが可能。
かつてはコンクリート製のものが多かったが老朽化して割れることも多く、現在では劣化に強い塩化ビニール製やポリプロピレン製が多用されている。

通気設備(つうきせつび)

通気設備とは、重力式排水設備において排水トラップの水封を破壊せずかつ滞留させること無く排水するために、排水トラップ下流側配管を大気中に開放し空気を出入りさせる配管設備である。


新しいカテゴリを追加


新しいカテゴリを作成し、記事を追加する。

  • 最終更新:2009-07-02 22:48:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード