冷却塔(クーリングタワー)

冷却塔(れいきゃくとう)とは

冷却塔(れいきゃくとう Cooling Tower )とは、水などの熱媒体を大気と直接または間接的に接触させて冷却する熱交換器の一種で特に屋外に設置するものをさす。
大気式冷却塔、自然通風冷却塔、スプレイ塔などの型式があるが、一般的に使用されているものは強制通風冷却塔である。
開放型の場合、その上部より水を落とし、送風機で大気を強制的に通風させ、蒸発させることで水を冷却するものである。性能が安定し、設置面積が小さい。
冷却水は、蒸発するので補給水が必要である。下部に溜まった水が少なくなれば自動的に補給される。循環する間に腐ることがあったり、藻が発生するので、防腐剤や防錆剤などの薬品を投入したり、ブローさせて水が入れ替わるようにする。
また、レジオネラ菌の発生には特に気を付けなければならない。法令(建築物環境衛生管理基準)に従い冷却塔及び冷却水の定期的な点検・清掃等が必要である。





  • 最終更新:2009-08-27 21:41:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード