ポンプの性能

性能曲線(せいのうきょくせん)

性能曲線 各種性能値をグラフとして表現したものである。ターボ形ポンプでは横軸に容量、縦軸に揚程を取った性能曲線が最も良く使用される。


NPSH、有効吸込みヘッド

有効吸込みヘッド Net Positive Suction Headの略で、キャビテーションの発生しにくさを示す。吸込み圧力と液体の蒸気圧の差を水頭に換算したもので、この値の最小必要量を所要NPSHという。ポンプの運転条件におけるNPSHが所要NPSHを上回らないと、キャビテーションによる振動、効率低下、機械的損傷などが起こる可能性がある。

軸動力(じくどうりょく)

ポンプを駆動するのに必要な仕事率である。

効率(こうりつ)

軸動力のうち流体の機械的エネルギーに変換された割合のことをいう。損失分は主として熱エネルギーに転化し流体やポンプ自体を加熱することとなる。

揚程、ヘッド(ようてい)

吸込みと吐出の圧力差を水頭に換算して長さの単位で表示するものである。ターボ形ポンプでは液体の密度が異なっても揚程はほぼ一定に保たれる。

容量(ようりょう)

ポンプの流量であり体積/時間の単位を持つ。




  • 最終更新:2009-08-27 21:38:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード