ボイラーの分類

水管ボイラー(すいかん)

伝熱部が水管になっているもので、循環方法により以下のように分類される。
  • 貫流ボイラー(かんりゅう)
    • 水を水管の一方から押し込み、循環させることなく蒸気に変えるもの。水と蒸気の比重の差がない超臨界ボイラーや、急速起動が必要な小型ボイラーに用いられる。保有水量が少ないため起動性や負荷追従性に優れるが、反面、蒸気量や蒸気温度を安定させるためには水や蒸気の出入りと、熱の供給をバランスさせる必要があり、高度な制御技術が必要である。また、純度の高い給水が必要である。
  • 強制循環ボイラー(きょうせいじゅんかん)
    • 水を循環ポンプで強制的に循環させるもの。運転圧力が臨界圧に近いと水と蒸気の比重差が小さくなるため、必然的に強制循環ボイラーとなる。
  • 自然循環ボイラー(しぜんじゅんかん)
    • 水の温度による比重の差で循環させるもの。

丸ボイラー(まる)

鋼鉄製の水を満たした缶を主体としたボイラーをいう。保有水量が比較的多く、負荷の変動に強い。その反面、立ち上がりが遅く、万一爆発事故が起きれば被害は甚大である。構造上中小規模のものが多い。また、ボイラーにもよるが缶内に人が入ってスケールの除去が可能で、水管ボイラー程は給水に神経質になる必要がない。

煙管ボイラー(えんかん)

水缶に多数配置した煙管に燃焼室の燃焼ガスを通すことにより熱するもの。比較的掃除しにくく、構造が複雑であるが、比較的効率よく、炉の形状が自由であるので、粗悪燃料にも適応し、木屑炊きや廃熱回収ボイラーとして少数ながら新造されている。陸用としては煉瓦組みの炉を持つものが多いが、四角い箱型の炉を組み込んだものもある。代表例が蒸気機関車のボイラーである。

炉筒ボイラー(ろとう)

水缶内に炉筒(円筒形の燃焼室)を設けたもの。炉筒が一本の物をコルニッシュボイラーといい、二本の物をランカシャーボイラーという。構造が簡単で掃除し易く古くは普及したが、その効率の悪さから今は新造を見ない。伝熱面積と効率を稼ぐ為に、大掛かりな煉瓦組みを持つ。

炉筒煙管ボイラー(ろとうえんかん)

炉筒と煙管がある型式。丸ボイラーとしては最も効率がよく、据付面積も少ない。現在、主流のボイラーとして多く使用されている。古くは蒸気船用ボイラーとして活躍していた。陸用としては通風抵抗が大きく、構造も複雑で掃除も困難である。給水処理装置や電動通風機や自動制御装置、重油炊きが一般的になってから普及しはじめた。使用蒸気圧力は10kgf/cm²程度で、大容量ビルに用いられることが多い。

立ボイラー(たて)

縦型の水缶内に炉を設けた構造。炉を横切るように管を出したもや、煙管ボイラーの様に縦方向の煙管を持つもの、横方向に煙管を持つコックランボイラーがある。効率が低く掃除もし難いが、据付け面積が小さく、煉瓦組みも不要なので移動用や小工場用として普及した。小規模の温水暖房・給湯用、船舶補機用を除き、現在はあまり使われない。

鋳鉄ボイラー(ちゅうてつ)

鋳鉄を主構造として用いたボイラー。鋼鉄に比べて耐食性に優れる。急速な加熱・冷却を行うと破損する恐れがある。 暖房、給湯用として建築設備でよく使用される。鋳鉄セクショナルボイラーは、セクションごとに分割しての搬入や、修理が可能である。高圧力には適さない。

法規上の分類

  • 簡易ボイラー
    • 缶内圧力が100kPa以下で使われるボイラー。家庭用、業務用問わず資格者や管理者が不要。
  • 小型ボイラー
    • 缶内圧力が200kPa以下で使われるボイラー。家庭での使用は資格者、管理者とも不要だが業務用で使用する場合は、管理者を決め従業員等に安全管理等を周知させる必要がある。
  • ボイラー
    • 簡易ボイラー、小型ボイラーのいずれにも該当しない大型のボイラー。





  • 最終更新:2009-08-27 21:41:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード